ELLI-ROSE/Model

12歳で篠⼭紀信⽒撮影の写真集でデビュー。 ティーン誌などを経て、「ViVi」モデルを10年務 めて卒業、現在は「otona MUSE」「Gina」など 様々な⼥性ファッション誌に出演。 2008年から始めたDJ活動も⼈気を呼び、DJ活動 は年間60本以上。 ⽇本各地のみならず、ヨーロッパ圏やアジア圏を中⼼にワールドワイドに活躍中。

Vol.2 My ne Quittez pas Style -ELLI-ROSE

今回のスタイリングテーマ

インドの職⼈の⼿仕事を感じる繊細なレースにまず⼀⽬惚れしたので、この繊細なディテールが⽣かされるよう、極⼒ミニマムなスタイリングにしました。繊細なレース刺繍を同じ素材のジャケットと合わせて重ねて着ることで、透け感や表情が少し変化して、中にはホットパンツを合わせていますが、全体的に⼤⼈っぽいエレガントに仕上げました。レースアップのロングブーツと、ドルチェ&ガッバーナのクラッチで、華やかなパーティスタイルにも良いと思います。

おしゃれのポリシーや、スタイリングで気をつけていること

全体的なシルエットとスタイルのバランスにはいつも気をつけています。ボトムにボリュームがある場合トップスをタイトにしたり。サイズ感、肌の⾒せ⽅のバランスにも気をつけています。トレンドのオーバーサイズなシルエットに憧れはありますが、私の背丈や⾝体のバランスだと、残念ながら似合わないのです。例えトレンドであっても、まず⾃分に似合うバランスか、知ることも⼤切だと思います。

ヌキテパ青山の好きな場所

2Fのテラスは、グリーンがたくさんで開放感があって素敵です。

NQPのショップからご自身のスタイルに合わせて気になったアイテムを2点ピックアップしていただきます。

選んだアイテム1点目の好きなところ

グリーンのラップワンピースと、キルトコートモスグリーンは、今年気になる⾊のひとつです。このワンピースはガウンとして⽻織ったりマルチに活躍しそうなところがお気に⼊りです。キルトのコートは、発⾊と素材に惹かれました。コクーンシルエットもすごく好きです。

ファッションアイコンについて

ケイトモス。1994年ジョニー・デップと付き合っていた頃の彼⼥のスタイルやイメージが完璧すぎて、今の所、その記録を上回るアイコンはまだいないです。他には、ここ数年ずっと⾒続けているジャンヌ・ダマさん。最近ルージュいうブランドをプロデュースされている⽅ですが、どちらかというとオーセンティックなパリジェンヌなスタイルと、素敵なライフスタイルを⾒ているととても癒されます。パーフェクトな美⼈という訳ではないかもしれませんが、⾃⾝のスタイルをよくわかっていて独特な世界観とプロデュース⼒がとても⾼く、勉強になります。

選んだアイテム2点目の好きなところ

⼿作りの温もりを感じるような、刺繍の布バッグがとても好きなのですが、これは⼱着タイプになっているのでとても便利そうなところに惹かれました。また華やかな刺繍が繊細に施されているので、パーティバッグなどにも使えそうなところも良いですね。

おしゃれのインスピレーションは?

お仕事などで会う⽅も含めた、⾃分 の周りにいる⼈たちからおしゃれのインスピレーションを受けます。コロナ前はDJもしているのでパーティなど、⼈に会う機会が毎⽇のように あったのでそこからたくさんのインスピレーションを得ていました。でも以前のように⼈に会えなくなり出 かける場がなくなってしまい、最近は、雑誌をとても読むようになりました。海外の雑誌だとidなどですが、⽇本のファッション雑誌も。プロの⽅たちが作っている情報をすごく信頼しています。

最近のご自身のスタイルをつくる上で欠かせないアイテムや、お気に入りのアイテム

セリーヌのバッグ
ヴィンテージ屋さんで⾒つけたセリーヌのバッグは、ブラックレザーに、レトロなロゴのバックルがついていてクラッシックなスタイル。あえてTシャツにデニムのスタイルなどカジュアルなスタイルの時にコーディネートのポイントにしたりしています。ヴィンテージアイテムは、⾃分のスタイルを作る上で、すごく重要な要素のひとつです。トレンドのラグジュアリーブランドで固めるよりも、ヴィンテージアイテムを上⼿に取り⼊れることで、お⾦をかけなくても⼈には真似できない個性的なスタイルに仕上がるのですごく好きです。

シルバーアクセサリーたち
ママから譲り受けたシルバージュエリーです。70年代L.Aのロデオドライブで、初めて買ったシルバージュエリーだそうです。⼩さな頃からママが着けているのを⾒ていて、いつか私にちょうだい︕とお願いをし続けていたのですが(笑)つい数年前に、エリもそろそろ⼤⼈になったし、と⾔ってくれました。そんなエピソードも、時代を経ても⾊褪せないとてもシンプルなデザインも気に⼊っているとても⼤切な宝物です。

この秋冬で気になるスタイルや、チャレンジしたいスタイル

今までプリントや柄物になぜか苦⼿意識があったので、今年は挑戦してみたいです。デザイナーが変わったボッテガ・ヴェネタのミニマリズムな世界観。グレージュなど淡いトーンの⾊味、ゴールドのチェーンのデザインなど、全てが好きです。⾃分も年を重ねることで、数は少なくて良いので、上質なものを⻑く持ちたいと思うようになりました。

今、もし旅行をするするなら行きたいところ、一緒に連れていきたいヌキテパのアイテムについて

イタリアに⾏きたいです。場所はイタリアであればどこも素晴らしいので⼤好きですが特にアマルフィで、美味しいご飯とビーチとショッピング。⼥の⼦が⼤好きなヴァケーションといった感じの旅をしたいです。あとアイスランドにも⾏ってみたいです。
ビーチでリラックスする時にも、ジュエリーとクラッチでそのままディナーに出かけるスタイルでも、両⽅とも活躍しそうなピンクのカフタンワンピース。着ていてとても楽ですが、シルエットや綺麗な⾊は、旅先で⼤活躍しそうなアイテムですね。

Other Styles