Chiaki Hatakeyama/Model

東京の”it girl”としてライアン・マッギンレーやマリオ・テスティーノなど、世界の著名フォトグラファーから指名を受ける。 国内外のファッション誌やショーで活躍。メゾンブランドやデザイナー直々のオファーも多い。 ファッションに対する愛と知識で、業界⼈が認めるファッショニスタである。

Vol.3 My ne Quittez pas Style -Chiaki Hatakeyama

今回のスタイリングテーマ

インドシルクの花柄のワンピを中⼼としたコーディネートです。意外に思われる⽅もいると思いますが、こういったコットンの少し⽢い花柄ワンピースは⼤好きで、よくヴィンテージショップなどで⾒つけては集めています。⾦髪のベリーショート歴が⻑いのですが、ロマンチックで⽢めのアイテムでも、私が着⽤するとガーリーにはならないところが気に⼊っているポイントです。最近、趣味でたくさん作っているオリジナルのビーズネックレスとクロエのイニシャルネックレスを合わせました。ウェスタンブーツは、メゾンマルジェラです。

おしゃれのポリシーや、スタイリングで気をつけていること

やりすぎないこと。⾜し算ではなく、引き算を基本とすること。どこまでシンプルに、ミニマムに要素を削ぎ落として、それでもおしゃれに⾒えるかを意識しています。また、短い、⻑いなど丈のバランスをしっかり取ることなども気をつけています。

ヌキテパ青山の好きな場所

お外のサボテン
実は今年すでに、2つもサボテンを枯らせてしまって。。。育て⽅など調べて、⽔をあげすぎた訳でも無いような気がするのですが、なぜか枯れてしまって。なので、こんなに素敵に⼤きく育っているサボテンを⾒てなんて素晴らしいと感動しました。

NQPのショップからご自身のスタイルに合わせて気になったアイテムを2点ピックアップしていただきます。

選んだアイテム1点目の好きなところ

娘の名前にも花という⽂字を⼊れたくらい、お花がすごく好きです。特に、マーガレットやガーベラのように、絵で表現しやすい、まさにこの柄のようなお花の形がタイプで選びました。

ファッションアイコン/おしゃれのインスピレーションについて

もともと本が好きなので、本から情報を得ることが多いです。⼩説などももちろん読みますが、特にファッション誌は毎⽉とてもたくさん買って全てじっくり読んでいます。プロの⽅々のフィルターを通していろんな観点で作り上げられる情報やビジュアルに絶⼤な信頼を置いています。新しいものだけでなく、古い雑誌もたくさん読みます。逆に、SNSで得る情報はあまり信じていなくて。情報ツールとしてのSNSは少し距離を置いています。

選んだアイテム2点目の好きなところ

趣味で、コツコツ作りはじめたらすごい量になってしまい、お友達に配ってもまだまだ残るくらいたくさんできてしまって。またこれとは別に⽇常から⼦供の貧困や、世の中で実際起こっている⼦供を巻き込んだ痛ましい事件など、⼦供を育てる親として、何かできないものかと考えることが多く。オンラインショップにして売り上げをこういった問題に取り組む活動をされている団体に寄付するアイディアを思いついてスタートしました。スタートしたら、いつもあっという間に売り切れてしまうのですが、このプロジェクトは、マイペースに出来るだけ続けたいと思っています。

最近のご自身のスタイルをつくる上で欠かせないアイテムや、お気に入りのアイテム

趣味で、コツコツ作りはじめたらすごい量になってしまい、お友達に配ってもまだまだ残るくらいたくさんできてしまって。またこれとは別に⽇常から⼦供の貧困や、世の中で実際起こっている⼦供を巻き込んだ痛ましい事件など、⼦供を育てる親として、何かできないものかと考えることが多く。オンラインショップにして売り上げをこういった問題に取り組む活動をされている団体に寄付するアイディアを思いついてスタートしました。スタートしたら、いつもあっという間に売り切れてしまうのですが、このプロジェクトは、マイペースに出来るだけ続けたいと思っています。

この秋冬で気になるスタイルや、チャレンジしたいスタイル

タキシードジャケットをマニッシュに着こなすスタイル(90年代のケイトモスやYSLのような)や、フレンチロックンロールなスタイルが、今まで⾃分のスタイルに取り⼊れられたことがないので、とても挑戦してみたいです。今まで⾃分では選ばなかったスタイルを、どう⾃分らしく料理しようか、どうやって⾃分のスタイルとブレンドさせるか、と考えるのがすごく好きです。どんなスタイルでもチャレンジしてみたいし、⾃分のスタイルを常にアップデートしていきたいです。⾃分はいつもこれ、みたいな固定定型スタイルというのは、おそらく⾃分にはないと思います。

今、もし旅行をするするなら行きたいところ、一緒に連れていきたいヌキテパのアイテムについて

実家に帰りたいです。この夏コロナで帰省できなかったので、家族に会って、⼀緒に過ごしたいです。⼭と緑に囲まれた環境で育ちました。悲しいことがあると⽥んぼの隅で寝て過ごしたり、幼少の思い出はいつも⾃然と⼀緒です。家の前に⼤きな畑があって、夏は緑が⻘々としていて、秋には収穫、冬は⼟だけになるなど季節によって景⾊が変わるのがとても好きでした。このワンピースを⾒た時に、そんな実家でののんびりとした⾃然との⾵景を思い出しました。私が⼩さな頃から、祖⽗⺟が趣味で家庭菜園をやっているので、ほぼ野菜は⾃給⾃⾜。スーパーで野菜を買ったことがほとんど無いくらいだったので、東京の野菜は⾼くて今でも時々びっくりします。

Other Styles